充実した玄関

玄関は家族が毎日出入りを行いますし、お客様が最初に足を踏み入れる場所です。この住宅の顔とも言える空間は、より美しく、清潔で、利用しやすい空間にしたいものです。

玄関を美しく保つには、玄関横に収納力に優れたシューズクロークを設けておくことが一番です。ただ靴や傘を収納するスペースとするのではなく、屋外で使用する子ども達のおもちゃやボール、部活用品やゴルフバックなど大きさのあるものまでしっかりと整理できるようにしておきましょう。

小さい子どものいる家庭では、三輪車やベビーカーなどつい玄関脇に置きっぱなししがちですが、これらもシューズクローク内に収められるようにしておくと、靴や物が玄関に散らからなくなるのです。

シューズクローク内には窓を設けて採光や通風の確保をしておくといいでしょう。窓があることで湿気対策や臭い対策にもなります。難しい場合には換気扇やナノイー発生機を設けて対策をとっておくと玄関の衛生面が保たれます。

そして、玄関ホールには手洗いスペースを設けておくのもおススメです。帰宅して手洗い・うがいの習慣が身に付きやすく、外で汚れて帰宅しても室内を汚しにくくなります。また、家に遊びに来たお友達やお客様も気兼ねなく手洗いを行うことができるのです。生活感で溢れがちな洗面室を案内する必要もなくなります。しっかりと環境を整え快適な玄関を目指しましょう。

Read full article | コメントは受け付けていません。

家事のしやすい和室

和室の間取りが大きく変化しています。今までは玄関近くに独立型の和室が設けられることが多く、客間として利用するにはこのような和室がなくてはならないスペースとなっていました。しかし、最近では客間にお通しするお客様が来る機会は減り、家に来るお客様は気心の知れた人ばかりなため、この場合リビングにお通しします。そこで独立型の和室よりもリビングの延長上に設けたリビング延長型の和室が設けられることが多いのです。

普段は建具を開け放ち、リビングの延長として和室を多目的に利用できる便利な空間として存在します。子どもが遊んだり、昼寝をしたり、建具で仕切って宿泊ルームとしたり多目的に利用できる和室はとても重宝します。

我が家は、家事のしやすい和室にしました。和室で洗濯物をたたんだり、アイロンがけをする家庭も多いでしょう。その和室に家族みんなの衣類を一か所で管理できるファミリークローゼットを設けました。和室でたたんだり、アイロンがけをした洗濯物を移動することなくその場でしまうことができます。家事の効率が非常に高まります。和室で着替える機会も多かったためここのファミリークローゼットを設けたのです。

和室の天井には室内干しを設け、雨や雪などの悪天候時や夜洗濯を行った場合に洗濯物を干せるようにしました。和室からはリビングの先に設けたウッドデッキへと行き来ができます。このウッドデッキには屋外用の洗濯物干し場を設けているため、屋外の洗濯物をここの室内干しへとサッと移動できるのもとても便利です。家事のしやすさの高い和室は、子どもから大人まで利用しやすい空間となっています。

Read full article | コメントは受け付けていません。

土地選びのテクニック

家造りを始めるにはまず土地が必要です。しかし、自分に合った土地がなかなか見つからず家造りが一向に前に進められないという人も多いのです。自分に合った土地を探すためには、事前に家を建てる目的をしっかりと整理することから始めましょう。

永住するための家をつくるのか、いずれは住み替えるつもりでいるのかで選ぶ土地も変わってきます。目的を整理すると同時に土地に求める条件に優先順位をつけておくことも大事です。子育てや仕事、趣味など新しい家で暮らしの中心となるものは何なのかということが大きく関わってきます。そこで自分自身のライフプランを考え直すことで、土地に求める条件が自然とクローズアップされてきます。環境なのか、通勤や通学時間なのか、広さが第一なのかなど様々な条件の中で何を自分達が最優先させるかを明確にしておくのです。

そうすることで土地が絞られてきて土地選びが進めやすくなるのです。そうして探していく中で気になる土地が見つかれば自分の目でしっかりと確認しましょう。一度や二度ではなく、朝・昼・夜の時間ごとにはもちろん、雨の日や晴れの日など気象条件の異なる日にも足を運び土地を様々な角度から見定めてみるのです。価格の安さだけで購入するのだけは避けたりものです。選んだ土地によってその後の暮らしの快適性が大きく変わってくるだけに、慎重かつ決断力を持って決めたいものです。

Read full article | コメントは受け付けていません。

新築の状態を保つには

新築を建てるまでは、物の管理をしながら暮らしいて、特に転勤する人は、引越するたびに家中の物に目を通し梱包作業をするので、ある程度物のダイエットをしてきています。しかし家を建ててしまうと、何年、何十年も暮らしていくうちに物が溢れてきます。
何年経ってもスッキリとした空間で生活できることが理想ですが、そのために、心がけていくことを考えてみましょう。

要らない物を家の中に持ち込まない・・・街頭で配っている物、商品のおまけで付いてくる物、先着○○様へプレゼント、ポイントが集まるとプレゼントしてくれる物などは、ほとんどは必要がないのですが、捨てるのはもったいないと何年も取ってあります。旅行でアメニティー用品を持ち帰り、引き出しに入れたまま忘れてしまいます。
本当に要る物ではなく、なんとなく家の中に持ち込んでいると、本来必要な物を探すのが見つけにくくなり、物が増えていく速度が速くなります。要らない物は家の中に持ち込まない!と思いながら生活しましょう。

何が入っているか常に確認・・・後で片付けよう、一応取っておこう、何となく置いておこうという気持ちで物に接していると、いつのまにか物が増えてしまいます。収納の中に何が入っているのかは、常に確認して頭の中に入れておく事が大切です。

短いスパンで物をダイエット・・・どんなに気を付けて生活していても、年数が経てば家の物が増えていきます。2~3年に1度物のダイエットをすれば、家の中の物を把握でき、尚且つコントロール出来るでしょう。物に押しつぶされて、大変な作業になる前に、頻繁に物のダイエットをして、いつまでもきれいな片付いた住まいであり続けるよう心掛けましょう。

Read full article | コメントは受け付けていません。

リビング収納

リビングは家族が共に長時間過ごします。いろいろなことをして過ごすためリビングには物が集まってきやすいです。リビングが物で溢れてしまうと生活感を与えてしましますし、居心地の良さを低減してしまいます。リビングこそ収納を充実させるべきなのです。

そこで我が家はリビングの背面に収納庫を設けました。ウォークイン型の収納庫は室内から見えないため、見せたくない日用品や掃除機などもスッキリと片付けることができています。ここには壁一面に大きな棚を造り付けており、棚は収納する物に合わせて自由に高さを調整できるため、デッドスペースを生みにくく効率よく物を収納できるようにしました。日用品や掃除機に加え、子ども達のおもちゃや幼稚園カバンに帽子、ランドセルなども片付けられます。

リビングにはパソコンスペースも設けており、インクやコピー用紙のストックなどもここに収納しています。アイロン台やアイロン、裁縫道具などの家事用品や爪切りや薬箱、ドライバーや電池など家族みんなが使用する生活雑貨までもここに整理することができています。棚にきれいに整理されているのでどこに何があるかが分かりやすくしました。

そして収納カゴを揃えて見た目がスッキリするようにすることも心掛けました。一部分には上下二段に分けてハンガーパイプを設けました。大人用と子ども用の上着を一時置きできるため、リビングにいつまでも脱ぎっぱなしの上着が散らかることもなくなったのです。必要な物がサッと取り出し、利用できるため子どもでも物を出したらしまうという習慣が身に付きやすく、家族で物を共有しやすいリビング収納は住まいの居心地の良さを高めています。

Read full article | コメントは受け付けていません。

リビングに併設する畳コーナー

最近客間として個室を設ける和室空間は少なくなってきました。それよりもリビングに併設して畳のある和室空間を設けるスタイルが人気を高めています。私も後者のようにリビングに併設して和室スペースを設けたいと思っています。その和室に隣接して縁側を設けたいとも思っています。日当たりのいい部分にこの和室と縁側を設けることで、冬はここで日向ぼっこをして明るく暖かな空間が広がるのです。

ここは子どもが遊ぶスペースとして大変重宝すると思います。畳は万能の空間です。フローリングでは子どもが昼寝をしてもそのまま寝かすことはできません。子どもだけでなく大人も体をグーンと伸ばして横になりたい時もあります。フローリングリビングではなかなかできないので、リビングに併設した和室でゴロンと横になることができればリビングの快適性をより高めることができるでしょう。

和室をリビングから離して設けるのも個室として活用でき、便利なのですが子育てをしながら空間をフル活用させようと考える私にとってはリビングに併設した和室がある方が便利なのです。子どもを和室でお昼寝している横でアイロンがけをしたり、洗濯物を畳んだりすることができます。子どもと一緒にゴロンと横になり絵本を読んだりすることもできます。フローリングのリビングだけではすることが限られてきますが、和室を併設させることで空間をフル活用させ過ごしやすさを高めることができるのです。和室は一室は設けたいと思っているのでそれをどこに設けるかで快適性や親と子のコミュニケーションの取り方が変わってくると思います。

Read full article | コメントは受け付けていません。

キッチンスタイル

女性にとってキッチンの居心地は非常に重要です。それだけに家造りを行う際にキッチンを重視する人が多いのです。住宅のテイストが多様化しているように、キッチンスタイルも多様化しています。キッチンスペースの広さやライフスタイルに合わせてピッタリのキッチンスタイルを取り入れましょう。

我が家は、LDKの一体感を大事にした対面式オープンキッチンにしました。使い勝手のあまり良くない吊り戸棚をなくし、コンロの前の壁を耐熱用のガラス張りにすることでリビングやダイニングとの一体感は高まり、キッチンで家事をしながら、家族とのコミュニケーションが取りやすくなりますし、テレビを見ながら家事を行うこともできるのです。

しかしキッチンの手元部分が丸見えになってしまうのは嫌だったので、キッチンの前に腰壁を設けました。腰壁を設けることで、調理中や調理後の片付いていないキッチンがリビングやダイニングから見られることがないので見た目の印象を悪くしません。また急な来客時でも対応しやすいので主婦にとっては腰壁があることで助かると思います。

この腰壁を設けたことで他にもメリットがあるのです。それは、壁の厚みを利用したニッチを2ヶ所設けることができたのです。一つはキッチン側に調味料入れのニッチを設けました。今まで作業スペースに並べられていた調味料をこのニッチ内に収めるようにしたことで、作業スペースがスッキリと調理がしやすくなっています。

そしてもう一か所はダイニング側にマガジンラックのニッチを設けました。新聞や雑誌をサッと片付けられたり、お気に入りの写真を飾るのに最適のニッチとなっています。自分にピッタリのキッチンが完成し、キッチンの居心地が高まるだけでなく、料理の効率も高まってます。

Read full article | コメントは受け付けていません。

自然素材に囲まれた家

我が家は地元の杉を使用した無垢材をふんだんに取り入れました。そして壁にはクロスではなく、漆喰を取り入れました。無垢材も漆喰も少々割高な素材ではありますが、実際に完成した住宅で暮らしてみるとこれらの素材の魅力を実感しています。

まず肌が直接触れることの多い無垢材の床です。階段や手すりにいたるまでこの無垢材を使用しました。合板フローリングだと夏場ベタッと張り付いたような感触ですし、冬は冷たくて裸足で歩くことができません。しかし無垢材の床は、夏でもサラサラした肌触りですし、冬はヒヤッと冷たい感触もなく、むしろ温かみを感じられるほどです。触感がいいだけでなく、木目の美しさを見て楽しむことができます。あえて塗装をせずに木の香りを楽しむことができる空間が広がっているのです。

そして壁に使用した漆喰は、調湿効果に優れています。室内の水分が多いと吸収してくれ、逆に乾燥していると水分を放出してくれるのです。一年を通して室内の環境を快適に導いてくれるのです。実際に梅雨時期、外はじめじめしている時でも室内に一歩足を踏み入れるとカラッと心地よい空間が広がるのです。また人体に悪影響を与えると言われているホルムアルデヒドを吸着してくれる働きもあります。住宅で暮らす人の健康をしっかり維持できるのです。室内の嫌な臭いも吸着してくれるので心地よい空間が広がるのです。

素材にこだわった家造りをすることで価格は割高になってしまうこともありますが、その魅力は実際に肌で感じることができます。家造りでは何が大切なのかをしっかりと考え、いつまでも快適に健康で暮らせる家を目指しましょう。

Read full article | コメントは受け付けていません。

大手ハウスメーカーと工務店の違い

家造りをはじめるにはまずは依頼する業者を選ばなくてはいけません。この業者選びが意外と難しいのです。大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせると数多くの業者が存在します。これらの中から一社を選び出すのは容易なことではないのです。まずはそれぞれの特徴を知り、どちらが自分達に合っているかを見極めることで、業者選びがしやすくなるのではないでしょうか。

まずは大手ハウスメーカーです。会社規模や資本が大きく大規模なため、世間一般での社会的信用度は高いです。カタログやモデルハウスなど家造りのイメージを沸かせるための材料が豊富に揃っています。モデルケースを多数持っているため、その中からプランを選ぶことができます。部材も工場生産のため早く、施工もマニュアルに従うため時間がかかりません。営業・設計・施工など各部門の人材がそれぞれに教育されているのでしっかりといています。

その反面、自社商品しか売ってくれないこともありますし、商品の規格化のため自由にならない部分もあるのです。広告宣伝費やモデルハウス維持管理費などさまざまな経費が建築費に上乗せされてしまうので価格が高めになってしまいます。

工務店は、地域での評判を大切にするため、施工はもちろんのこと引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視してくれます。契約を行う会社と施工者が同一のため、責任の所在がはっきりしているのも安心できます。建築主の希望や都合に合わせて、大量生産とは異なる一品生産の家造りができるのもいいのではないでしょうか。しかし、世間一般的に会社規模が小さいため不安視されます。提案力に欠けると感じる人も少なくありません。まずはそれぞれの特徴を知り、業者選びをしやすくしましょう。

Read full article | コメントは受け付けていません。

キッチンスタイル

近年、キッチンスタイルは非常に多様化しています。住宅のテイストも多様化しているだけに、キッチンも住宅の広さや、使い勝手の良さから自分に最適のキッチンスタイルを見つけ出すことができるのです。

現在一番多く取り入れられているキッチンスタイルは、対面式のフルオープンキッチンです。吊り戸棚をなくし、壁や建具でそれぞれの空間を区切らずオープンにするのです。そうすることでLDKの一体感を高めることができますし、キッチンで家事をするママからダイニングやリビング、そしてリビングに繋がる和室にまで目が届きやすくなります。そうすることで家事の手を止めることなく子ども達の様子にまでしっかり目が行き届くので安心して家事を行えます。

対面式のフルオープンキッチンは自然と人が集まりやすいキッチンとなり、キッチンという存在がより身近な存在に感じられるようになります。キッチンが片付いている時は魅せるきっちんとしてLDKに存在します。しかし逆に調理中や調理後のキッチンは、片付いておらずその光景もダイニングやリビングから丸見えの状態になってしまいます。見た目にいいものではありません。

そこで我が家はLDKの一体感を損なうことがないように、それでいて気になるキッチンの手元部分を隠せるセミオープンキッチンにしたのです。これなら片付いていないキッチンでもダイニングやリビングから見られることなく、見た目に悪い印象は与えません。キッチン前に腰壁を設けたことで手元部分を隠せるだけでなく、ニッチを設けることもでき非常に満足しています。今まで以上に家事が楽しくなりました。

Read full article | コメントは受け付けていません。